女子美術大学 × PENTAX
デジタル一眼レフグラフィックデザインコンペを実施

ペンタックスと女子美術大学のコラボレーションイベントとして、デジタル一眼レフのデザインコンペを実施いたしました。

このコラボレーションは、女子美術大学の「民間企業の工業デザインに触れることで、学生の経験値を向上させる」という考えと、ペンタックスの「一般的な常識の枠を超えた、グラフィックデザインの可能性を探る」という双方の目的が合致した結果、実現にいたったものです。

今回のデザインコンペでは、デジタル一眼レフの全く新しいカラーリング提案をテーマに募集をおこない、さまざまな学科から約50点もの応募が寄せられました。その中で一次審査を通過し、実際のカメラ(K-x)をベースにデザインされた23作品について厳正なる選考をおこなった結果、最優秀賞に輝いた絵画学科洋画専攻2年の清水 美里さんの作品をはじめ、8点の入賞作品が選出されました。11月17日に女子美アートミュージアムにておこなわれた表彰式には、清水美里さんをはじめ多くの入賞者が出席し、女子美術大学の佐野ぬい学長、特別審査員のザリガニワークス様、井植敏彰PENTAXイメージング・システム事業部長から表彰状や副賞のデジタル一眼レフカメラなどが授与されました。

カメラボディをキャンバスにして絵を描くなど、従来のプロダクトデザインでおこなうカラーリングの枠をはるかに越えた、個性あふれるコラボレート作品の数々をぜひご覧ください。

なお、入賞作品をはじめとする全23作品は、2011年2月14日から19日まで、別ウインドウで表示銀座gallery女子美で展示されるほか、新宿のペンタックスフォーラムでも展示する予定です(詳細時期未定)。

受賞者、および受賞デザインは以下の通りです。

※画像をクリックすると拡大します。

最優秀賞

絵画学科洋画専攻2年  清水美里さん

女子美術大学賞 ザリガニワークス賞 PENTAX賞  
 
メディアアート学科3年
徳永彩華さん
美術学科1年
水野愛里さん
絵画学科洋画専攻4年
岩下円さん
 
       
佳作 佳作 佳作 佳作
絵画学科洋画専攻3年
中山沙織さん
絵画学科洋画専攻4年
齋藤はるかさん
立体アート学科3年
山梨美緒さん
工芸学科4年
林理恵子さん

別ウインドウで表示女子美術大学のホームページはこちら(http://www.joshibi.ac.jp/)